ISOの取得認証のメリット・デメリットを種類ごとに分けてご紹介|ISO・Pマーク取得・コンサルティング費用一括見積り|ISO取得費用比較君

ISO取得費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ISOの取得認証のメリット・デメリットを種類ごとに分けてご紹介

最新情報・レポート

ISOの取得認証のメリット・デメリットを種類ごとに分けてご紹介

ISOの取得認証のメリット・デメリットを種類ごとに分けてご紹介

ISOを取得するかどうかで迷っている場合は、取得することをオススメします。スイスのジュネーブに本部がある『国際標準化機構』というNPO法人が定めている規格が、このISOです。つまり、取得することによって、世界の基準に該当したものというお墨付きを得られることになります。

ISOというお墨付きを取得することで、企業としての安心や信頼を国内外に示すことができるようになるため、経営をしていくうえで大きなメリットがあるといってよいです。ただし、取得には費用がかかります。取得は代行業者に依頼する場合が多いですが、その際の費用は業者によってばらつきがあるため、必ず見積りは取りましょう。

見積りに納得がいったときは、取得の依頼をすることをオススメします。繰り返しになりますが、ISOの取得はメリットになる場合が多いからです。ここでは、ISO取得の具体的なメリットや費用などを解説いたします。ぜひお役立てください。

ISOの取得の重要性|9001や14001・HACCPなどの違い

ISOとは、繰り返しになりますが、国際標準化機構が認めた世界レベルでの規格・基準のことです。たとえば非常口のイラストやコンセントの形状、ネジの形などが該当します。

国際標準化機構が認めたとおりの規格でつくられているため、国によって若干の違いはあっても、一目で非常口とわかるイラストですし、コンセントの形状もほとんど同じです。

そんなISOの取得には、メリットがあります。まずは、ISOの種類とそれぞれの基礎知識、取得方法などをご紹介いたします。

○ISO9001の基礎知識と取得方法

ISO9001とは、『品質マネジメントシステム』という規格です。この規格は、おもに製造業に分類される企業が取得するとよいものとされています。

このISO9001を取得するためには、まず『ISO9001を理解したマネジメントシステムの作成』が必要です。マニュアル・マネジメントシステムの作成が終わったら、次は審査機関によるチェックを受けます。チェックは2段階でおこなわれ、それらを無事に通過すれば取得完了です。

○ISO14001の基礎知識と取得方法

ISO14001とは、『環境マネジメントシステム』という規格です。おもに、建設業や廃棄物処理業に分類される企業が取得するとよいものになります。ISO14001を取得することによって、環境に対して配慮している企業だと国内外から認められることになるからです。

ISO14001を取得するためには、まず『企業として環境に対してどういった取り組みをおこなうのかを示す』必要があります。その取り組み内容をマニュアルとして作成し、そのとおりに環境に配慮した経営がされていると証明できる記録を残していきましょう。その後、審査機関によるチェックを受けます。チェックを通過すれば、取得完了です。

○ISO27001の基礎知識と取得方法

ISO27001とは、『情報セキュリティマネジメントシステム』という規格です。『ISMS』とも呼ばれます。個人情報や開発情報など、価値のある情報のセキュリティをしっかりとおこなうための仕組みがされているかどうかという基準です。おもにソフト開発業やマニュアル・カタログ作成業をおこなっている企業が取得すると、メリットがあるとされています。

ISO27001を取得するためには、『情報のセキュリティに関する仕組み』を構築し、その仕組みを『しっかりと運用している』必要があります。審査機関によって、これらが問題なくおこなわれていると判断されることで、取得することができるのです。

○HACCP・Pマークの意味とは

HACCP(ハサップ)とは、食品をつくる際に安全を保つための管理の仕組みをいいます。たとえば特定の食品をつくったり出荷したりする場合に、どの工程で異物や微生物といった安全を損なう物体の混入が起こりやすいのか、事前に予測・分析して被害を防ぐ仕組みです。

Pマークとは、『一般財団法人日本情報経済社会推進協会』が、企業に対して個人情報を適切に取り扱えているか審査し、認められると与えられるものになります。顧客に対して、個人情報をしっかりとしたセキュリティで守っているという証明になるものです。

○ほかにもさまざまなISOが!取得費用を比較してみよう

ISOには、これまで紹介したもの以外にも、食品の安全に関する規格である『ISO22000』や、医療機器・医薬品に関する規格である『ISO13485』などがあります。メリットのある規格は企業によって異なるため、何を取得するべきか検討してからとりかかりましょう。

ISOの取得費用は、審査をおこなう会社の規模や審査を依頼する会社によって料金設定が異なるため、下限から上限まで開きがあります。しかし、最低でも『およそ30万円から100万円』は必要になるでしょう。

取得費用は、審査会社などにどこを選ぶかによって変動するため、複数の会社から見積りを取ることをオススメします。とはいえ、いくつもの会社をピックアップして、1社1社見積りを依頼するほどの時間はないという会社も多いことでしょう。そのようなときは、ぜひ弊社のサービスをご利用ください。

弊社のサービスをご利用いただければ、ISO取得に関するさまざまな業務をおこなっている加盟業者を中で、一括見積りをおこなうことが可能です。最短60秒で見積り結果を提示させていただくことができます。ご多忙な方に大変便利なサービスとなっているのです。

ISOを取得していると得られるメリット

ISOを取得していると得られるメリット

ISOは取得するとメリットがあります。しかし、規格によって恩恵を受けることができる企業は異なる場合が多いです。ここでは、代表的な規格である『ISO9001』『ISO14001』『ISO27001』のメリットについて、ご紹介いたします。取得したほうがよいと思えたら、恩恵を少しでも早く受けるためにも、行動に移していきましょう。

○ISO9001取得のメリット

品質マネジメントシステムであるISO9001は、製造業に分類される企業が取得することによって、メリットを受けられることが多いといえます。自分たちが製造した商品の品質が、第三者機関によって高いレベルにあると認められることになるからです。

一般的に顧客は、高品質なものを購入したいと考える方が多いでしょう。そのため、品質を証明することで売り上げアップなどにつなげることができるのです。

また、同じ製品を誰がつくっても等しい品質でつくることができるようにもなります。ISO9001を取得する際に作成したマニュアルがあるからです。マニュアルを見ることによって、複数の作業員が同じ製品をそれぞれつくったとしても、品質を維持することが可能になります。

たとえば、新人が複数の先輩社員に対してわからないことをたずねたとき、少しずつ違うことをいわれてしまうと、何が正解なのかわからなくなってしまいます。しかし、製品作成のマニュアルさえ作成してあれば、それを読むことで問題なく高い品質のものをつくることができるのです。

○ISO14001取得のメリット

環境マネジメントシステムであるISO14001は、建設業や廃棄物処理業に分類される企業が取得することによって、メリットを受けられることが多いといえます。環境に配慮した業務をおこなっているという証明になるため、多くの仕事が舞い込むことでしょう。

とくに昨今では、地球温暖化対策を筆頭に、環境に配慮した仕事をおこなうことが認められた世の中になりつつあります。環境に気を使っている業者とそうではない業者とでは、仕事が舞い込んでくる確率も変わってくるはずです。時代的にも取得メリットは多いでしょう。

○ISO27001取得のメリット

情報セキュリティマネジメントシステムであるISO27001は、ソフトやマニュアルの受託開発・作成をおこなっている企業が取得することによって、メリットを受けられることが多いといえます。

昔からそうでしたが、ネットによる情報のやり取りが盛んになった昨今、個人情報や商品開発情報などの取り扱いには、より臨機応変な対応が求められるようになりました。

このISO27001を取得することは、そうした情報の取り扱いに関して柔軟に対応できるという証明になります。そのため、取得することができれば、よりいっそうの業務拡大につながる可能性が高いでしょう。

気になる!ISOのデメリットの有無について

気になる!ISOのデメリットの有無について

ISOの取得はメリットが多いです。しかし、デメリットがまったくないわけではありません。ここでは、代表的な『ISO9001』『ISO14001』『ISO27001』のデメリットをご紹介いたします。

○ISOのデメリットとは

以下が『ISO9001』『ISO14001』『ISO27001』のデメリットです。

・ISO9001の場合
製品や仕事の質を保つための規格だからこそ、審査を通過するために満たすべき点が多く、取得するために時間や費用がかかってしまいます。さらにマニュアルを作成しなければならないため、文書作成などの業務が増えてしまう点もデメリットといえるでしょう。

・ISO14001の場合
デメリットは、ISO9001と同じことがいえます。取得するために時間と費用がかかってしまうのです。取得のために人員を割かなければならなくなったときは、その人がこれまでおこなっていた業務を別の誰かが一時的に補うことになるため、取得までの間作業効率が悪くなるおそれもあります。

さらに、せっかく取得したけれど、環境へ配慮した活動をうまく形にすることができないケースもあります。環境のためになるおこないをしようと取得したにも関わらず、具体的な活動を実行できなくて、取得にかかった費用や時間が少し無駄に思えてしまうといった事態もあるということです。

・ISO27001の場合
基本的なデメリットの内容は、すでに紹介したほかふたつのISOと変わりません。取得のために時間と費用を割くことになるため、これまでどおりの速さではおこなえない業務がでてくるおそれがあります。

さらにISO27001は、定期的に内部監査や継続的な審査を受けなければなりません。3年に1回のペースで再認証のための審査を受ける必要もあるため、この規格の認証を維持するためだけの人員を配備しなければならなくなる場合が多いです。

規格を取得する前と後では同じように業務を続けることができず、社内に戸惑いが生じてしまうリスクも、デメリットといえるでしょう。

○ISOの取得は必須なの?取得の必要性

ISOの取得は必須ではありません。ただし、これまで説明してきたとおり、取得することで得られるメリットもあります。

ISO取得に関する相談を請け負っている企業も多くあるため、そうした企業に依頼することによって、取得時間と費用を抑えることもできます。ISOが必要なのかどうか、相談することでアドバイスをもらうこともできるでしょう。

そのため、取得に迷っているという場合は、取得にかかる費用について見積りだけでも取ってみたり、取得に関する話を聞くために電話で相談してみたりすることをオススメします。

まとめ

ISOとは国際標準化機構という第三者のお墨付きのようなものです。そのため、ISOの取得はメリットが多いといえます。しかし、ISOには『9001』や『14001』のようにさまざまな種類があるため、メリットをしっかりと受け取るためには本当に必要な規格を取得しなければなりません。

また、取得には多くの時間と費用を費やす必要があります。マニュアル作成など審査を通過するための準備をおこなうために、これまで別業務にあたっていた人員をISO取得作業に割らなければならないケースも多いです。

また、取得したあとも、作成したマニュアルなどに慣れるまでは、業務がこれまでどおりにはいかなくなることもあるでしょう。そのため、メリットは多いですが、取得する際は熟考してから行動に移すことをオススメします。

取得の際には、ISOに詳しい業者に相談してみるとよいでしょう。また、業者の多くは取得まで丁寧にサポートしてくれるところも多いです。見積りを取って、納得のいく金額のところに、そうしたサポートを依頼してもよいかと思います。

もしISO取得に関する業務を請け負っている業者を探したいのに、どこに依頼すればよいのか迷っているという場合は、ぜひ弊社のサービスをご活用ください。最大6社まで一括で見積りをおこなうことができます。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

最大6社から一括お見積りが届く! クイックお見積り

STEP1 コンサル開始時期を選択

STEP2 審査希望時期を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7654

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

ISO取得費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ