ISO取得費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ISOの規格は何種類くらいあるのか

最新情報・レポート

ISOの規格は何種類くらいあるのか

ISO規格と一口に言っても規格の種類(番号)は50000以上と多岐にわたります。ネジの口径や標識のマーク、カードのサイズなど、企業が無数に取り扱う製品、サービスのそれぞれに国際標準規格が存在し、ISO取得企業はそれにのっとって製品やサービスの提供を行っています。

ISOの取得を目指すにあたって種類が多すぎてどの規格から取得すれば良いかわからない、何から手を付けていいのかわからないという方も多いかと思います。 現在日本企業が取得しているISO規格のうち最も普及していると言われているのは、主にISO9001(品質マネジメント)とISO14001(環境マネジメント)の二つです。会社の名刺などにこの二種の規格が印字されているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。それぞれ品質の管理、環境に与える影響について基準を明確化したもので、社会において信頼できる企業のあり方を規格として規定したものになります。また、この二種を主要な規格とする9000ファミリー、14000ファミリーと呼ばれる派生の規格群も存在しています。

数あるISO規格の中で、自社がどういった規格を取得すべきで、そのためになにをすべきかを短期間で判断するのは難しいかもしれません。ISO取得の際は、経験豊富なコンサルティングの専門家に判断を仰ぐこともぜひご検討ください。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

最大6社から一括お見積りが届く! クイックお見積り

STEP1 コンサル開始時期を選択

STEP2 審査希望時期を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7654

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

ISO取得費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。